スポンサードリンク

フィリピン航空の基礎知識

フィリピン航空は、アジアで最初にできたエアラインです。

フィリピン航空は、日本からは、週22便就航しています。マニラへの直航便は好評です。

また、セブ島へのフライトもダイビングやビーチリゾートを目指す旅行者たちに大人気です。

フィリピン航空は、ダイバーやゴルファー向けのサービスとして、マブハイ・マイル会員限定のオプションプログラム「スポーツ・プラス」にも力を入れています。料金は4,000円から3種類あります。

フィリピン航空は、ネットワークが充実しているので、マニラからスムーズに世界各都市へ乗り継ぎも可能です。

フィリピン航空は、1941年以来、60年の長い歴史とともに、着実に成長しています。

2001年4月1日からはオンライン・ブッキングも開始しました。

フィリピン航空の基本データ

フィリピン航空のベース空港:マニラ(フィリピン)

フィリピン航空の日本発着路線:

成田発/マニラ、セブ

関空発/マニラ

名古屋発/マニラ

福岡発/マニラ

沖縄発/マニラ

フィリピン航空の航空会社2レターコード:PR

フィリピン航空の航空会社3レターコード:PAL

フィリピン航空の事前(予約)座席指定:マブハイクラス=可、エコノミークラス(リクエストベース)


フィリピン航空のオンラインチェックイン:可

フィリピン航空のリコンファーム:不要

フィリピン航空の機内クラス構成:ファーストクラス(F) マブハイクラス(C) エコノミークラス(Y)


フィリピン航空の機内食・アメニティー

・全クラス共通

「フィリピンホスピタリティ」と呼ばれる、フィリピン独自のあたたかいサービスが自慢。

・特別メニュー

年齢、健康、宗教上の理由などによるさまざまな特別メニューを用意しています。

乳幼児食、無刺激/柔らかい食事、糖尿病患者用食、果物類、グルテン抜き食事、多繊維食、ヒンズー食、コーシャ食(ユダヤ教食)、低カロリー食、低コレステロール食、ダイエット食、低ナトリウム食、無塩食、モスレム食、オリエンタル食、海産物食、ベジタリアン食など。

予約時に申し出る必要があります。

<ファーストクラス>

フィリピン航空ファーストクラスの機内食

3種類のメインディッシュからチョイスできる。

フィリピン航空ファーストクラスのドリンク

シャンパン、ラム、スコッチ、ブランデー、カクテル、ビール、コーラなどのソフトドリンク

フィリピン航空ファーストクラスのアメニティ

アイマスク、歯ブラシ、コーム、ヒゲ剃りなど(長距離路線のみ)

<マブハイクラス>

フィリピン航空マブハイクラスの機内食

メインのチョイスは会席と洋食メニューのいずれかより選択。

会席メニュー例(2005年12月〜2006年2月)

(前菜)蛤素焼、烏賊握り、鮎昆布巻、有頭海老芝煮、諸味噌胡瓜

(煮物)焼茄子そぼろ餡掛け

(小鉢)茶蕎麦

(台の物)牛肉アスパラ巻、笹がき牛蒡、しめじ含煮、梅しらす御飯

(香の物)漬物取合せ

(御椀)お味噌汁

(甘味)和菓子

(お飲み物)コーヒー、紅茶、緑茶

洋食メニュー例(2005年12月〜2006年2月)  

(前菜)海鮮サラダのスモークサーモン包み、彩り野菜添え

(パン各種)ガーリックブレッド、ソフトロール、モラセスパン、バター

(メインディッシュ)

若鶏のローストデミグラスソース、サフランライス、隠元豆、人参

または

まとう鯛のソテーチリトマトソース、錦糸卵御飯、エリンギ、チンゲン菜

(セブ線のみ)

牛フィレ肉のステーキ、和風柚子ソース、ローストポテト、竹の子、人参

(フルーツバスケット)季節の新鮮な果物

(デザート)カシスケーキ

(お飲み物)コーヒー、紅茶、緑茶

フィリピン航空マブハイクラスのドリンク

シャンパン、ラム、スコッチ、ブランデー、カクテル、ビール、コーラなどのソフトドリンク

フィリピン航空マブハイクラスのアメニティ

アイマスク、歯ブラシ、コーム、ヒゲ剃りなど(長距離路線のみ)

<エコノミークラス>

フィリピン航空マブエコノミークラスの機内食

メニュー例(2005年12月〜2006年2月)

茶蕎麦

牛肉のソテー、ハニーソース掛け

または、若鶏のチリトマトソース煮込

ハニーロール、バター

和菓子

フィリピン航空マブエコノミークラスのドリンク

スコッチ、カクテル、ビール、コーラ・ジュースなどのソフトドリンク

フィリピン航空のエンターテイメント

10チャンネルの音楽チャネルのほか、機内スクリーンには映画が上映されています(マブハイクラスのプライベートTVでは3種類)。

また、ニュース、コメディー、スポーツ、その他のエンターテイメント、目的地案内のビデオ等が上映されています。


フィリピン航空の機内誌:マブハイマガジン(月刊誌)はフィリピン旅行のガイドブックとしても役立ちます。日本の新聞や雑誌は充実しています。


フィリピン航空の機内販売:「フィエスタ ブティック」という機内販売用のカタログに見やすく商品が紹介されています。各種ブランド品のほかに、マンゴーやパイナップルなどのトロピカルフルーツ宅配サービス「スカイ・フルーツ・サービス」や「トラベラー(株)」によるお土産宅配サービスがあり、南国のエアライン、フィリピン航空ならではのラインナップです。


フィリピン航空の日本人客室乗務員:日本路線には、日本人が1人乗務しています。


フィリピン航空の子供向けサービス:乳幼児用ミルク、ベビーフードを24時間前までに予約可能です。


・その他:便箋、葉書等のステーショナリーを常備しています。当該ペットに関する有効な健康証明書および予防注射証明書、入国もしくは経由地で必要とする書類の事前取得が可能です。


フィリピン航空の地上サービス

・空港内ラウンジ(ファースト、マブハイクラス対象)

・成田空港「飛鳥」「大和」、関西空港「さくら」、福岡空港「さくら」が使用できます。マニラとセブにはフィリピン航空専用の「マブハイラウンジ」があります。


・手荷物ポーターサービス:行なっていません。

2006.11.30.00:19 | Permalink | Track Backs (0) |